クレジットカードとポイントの使い方

クレジットカードを使っているとポイントがつくので、お得感がありますよね。だけどいろいろなクレジットカードを持って、あれこれポイントってするのは絶対良くないと思うので、ポイントを貯めるためにも一つのクレジットカードに絞り込んで、まとめることが大事です。後は、品物に交換できるものはダメかなと思います。それだと欲しい物が無いとき勿体無いので、それならば現金相当で使えてしまうポイントを選んだ方が絶対にお得感があると思います。もちろん人それぞれだと思いますが、硬く考えるならこういった方法の方が勿体無く使えます。

ささいな疑問が解けてすっきり

一々現金を出さなくて済むクレジットカードって便利ですよね。特に最近は年会費無料のカードやポイントが付くカードも増えてきて益々お得で有難い事です。でもちょっと不思議に思ったのは、利率や手数料で額面より支払金額が多くなる分割の場合はまだ分かるのですが、一回払いを選択した場合では支払い金額が増える訳でもありませんし、年会費無料でポイントサービスまでしていて、カード会社はどこから利益を出しているのかな、という事でした。調べてみたら納得、カード加盟店が手数料として支払っていたんですね。手数料を支払う加盟店は損をしそうな気もしましたが、よく考えてみれば、カードを使ってでも買い物をしてくれれば売り上げも伸びて、手数料分くらいは回収できるという事なんでしょうね。消費者としては有難い事ですし、些細な事ですが謎が解けてスッキリです。

クレジットカードの保有枚数の最適数

今までもっともたくさんのクレジットカードを持っていた時には7、8枚のクレジットカードを持っていました。それぞれのお得な場面で使い分けられる自信のようなものがあったのですが、結局はよく使うのは2,3枚になってしまい、その他のクレジットカードはほとんど使わないという状態でした。今ではクレジットカードは2枚になっています。複数枚のクレジットカードを使い分けるのは経験からすればそんなに簡単にことではありません。私の経験から言えば、かなりの金額を利用する人では2枚程度、そんなに金額を利用しないという人については一枚にしておくことがよいと思います。

審査の甘いクレジットカードについて

楽天カードの審査が甘いことは、インターネットや口コミでかなり有名です。そこで本当に甘いのか、私と私の友人兼同僚で試してみることにしました。とりあえず我々二人の給与や借入歴に大差はありません。お互い20代半ばの契約社員で年収は200万前後、そして他社借入実績は50万円~100万円前後です。
私の家に集合し、同時に楽天カードをインターネット経由で申し込みました。ただし、友人はキャッシング枠0円、私はキャッシング枠50万円。
個人情報や収入など事細かい記入欄を埋めて、楽天銀行の公式サイトからメールで申し込みました。しばらく待機し、ほんの数十分で友人は審査に通りました。在籍確認すらありません。たしかに噂通りの甘さで、クレジットカード審査甘い無職などの情報に納得しました。
しかし、私は審査に落ちてしまいました。このことから考えられることは、楽天カードの審査が甘いという噂は、キャッシング枠にマジックがあったのです。というのも、キャッシング枠は総量規制の対象で、一方のショッピング枠は貸金業法の対象外でした。つまりただ単にクレジットカード自体を持つ場合は、キャッシング枠を0円にすれば審査に通る可能性が高いということです。しかしキャッシング枠を利用する場合は、一気に審査が難しくなることが判明しました。

クレジットカードとデビットカード

デビットカードは、通常のクレジットカードと比べると多少制約がある、と感じることがあります。デビットカードでは支払えないような場面も、まれにではありますが、何度かありました。ただ、デビットカードには使いすぎの心配がないといったようなメリットも多数あります。私は最初デビットカードしかもっていなかったのですが、デビットカードでは支払えないような場面に出会ったため、通常の一般的なクレジットカードも作りました。これは個人的な感想ですが、なんとなく、普通のクレジットカードのほうがかっこいいような気がします。(笑)

お金の把握をしっかりすればクレジットカードは便利

クレジットカードは使いすぎてカード破産などを恐れて怖がっている人もいます。しかし実際にはきっちりと支払いの金額を把握できていればそれほど怖いめにあったり、セキュリティも普通に意識していれば被害にあうことはほとんどないと思います。私の場合はクレジットカードでいくら支払ったか自分で把握できる範囲で使うようにしています。財布に現金がなくて欲しい物があって便利だからという感じではクレジットカードを使うことはありません。月いくらクレジット払いにしているかを把握して、しかもカードの支払日を待たずにできるだけ早くその分の現金を引き落とし口座に振り込むようにしています。

クレジットカードはゴールドの方がいい理由

私は支払いのほとんどがクレジットカード払いです。ですから、クレジットカードはゴールドカードにしているのですが、そのようなクレジットカード払い生活をしていますと、たいてい「クレジットカードって年会費高くない?」などと聞かれますね。確かに年会費無料のクレジットカードがたくさんでいているなかで、年会費が1万円かかるゴールドカードは無意味にも思えることでしょう。けれども、やっぱり年会費に見合う特典はありますよ。まずポイントの付与率が一般会員よりも高いのです。ですから、その分効率よくポイントが貯められるため、ポイントで交換するギフトカードにて、既に年会費がペイできているのです。その他にもゴールド会員の魅力はあるのですが、まずはココだけでもゴールドでもいいと思えるところですね。

いろんな場所で使えるエポスカード

大学生のときに、好きなお店でコートが欲しくなったのですがちょっと予算オーバー。その時に店員さんにおすすめしてもらったのがエポスカードでした。今入会すると5000円分のポイントが付いてくると聞いて、そんなに沢山ポイントが付いてくるならと思い購入と入会を思い立ちました。しばらくマルイで買い物をしていたのですが、足が遠くなってしばらく使っていませんでした。ある日、なんとなくマルイのページを見ていたときにカードの優待店を見ると、近所のロイヤルホストはカードを見せると常に割引されたり、川崎のチネチッタではいつでも300円オフということを発券しそれ以来そこへ行く際はいつも提示しています。

比較的審査の甘いクレジットカード

クレジットカードを作るためには審査を通過する必要があります。審査で確認されるのは主に収入がどの程度あるのかです。また、過去の借金や債務整理を行ったかどうか等も調べられます。借金等がない場合は収入がしっかりとあれば問題ありません。また専業主婦などの場合でも配偶者に安定した収入があれば問題ない場合があります。しかし、自分の収入や配偶者の収入が少なくて審査に通過できるか不安という人も居ると思います。実はクレジットカードの審査基準は会社によってかなり差があります。特に楽天カードやイオンカードは審査基準が甘いようです。というのも、これらのカードはそれぞれ自分のお店で買い物をして欲しいという思惑があります。自社のカードを持ってもらう事によってよりお店を利用してもらえるのなら審査を甘くしようということです。審査が不安な人や他社の審査に通らなかった人は一度試してみると良いでしょう。

ネットの買い物で有利なクレジットカードを活用

私はネットのショッピングサイトをよく利用していて、実店舗で商品を見てから家に帰ってそのサイトで注文するくらい日常的に使っているから、買い物するたびにポイントの優遇を受けられるクレジットカードで払うようになっていきました。とても還元率が高いので次に買い物するときもワンランク上のものを視野に入れることができますし、支払いがきついときには後から分割払いできるサービスもあるから安心してショッピングを楽しめています。ここ以外で使うと獲得できるポイントが少なくなってしまうから他ではカード払いをせずに、あくまでもこのお気に入りのショッピングサイトだけに限定して使うことにしています。